中島中学校日記

職場体験学習に向けて

 明日から3日間、2年生は職場体験学習に行きます。

 今日はその最終確認として、言葉遣いの確認をしたり、名刺を使った挨拶の練習をしたりしました。

 また、校長先生からは激励の言葉をいただきました。校長先生がおっしゃったように、気持ちの良いあいさつを大切にし、活動させてもらえることに感謝しながら学習をしてきてほしいと思います。

 生徒を受け入れてくださる地域の事業所の皆さま、ご迷惑をおかけしますが、どうぞよろしくお願いいたします。

 なお、11月に2日間、島内のみかん農家での職場体験学習を予定しており、合計5日間の学習を行います。

 

俳句集会の様子

 「俳句集会」が開催されました。本校の伝統的行事で、田島明志先生をお迎えして、全校生徒が一生懸命取り組み、先生からの専門的指導もいただきました。

 生徒たちは、それぞれが俳句の素材を探しに校外に出掛け、友人と知恵を出し合って一つの俳句を作り上げました。以下に紹介します。

うずしお1年 毛虫たち 必死に登る のそのそと

    2年 葉桜や 虫食いの跡 十五ミリ

    3年 つばくらめ 土手の長さに 沿いて飛ぶ

たちばな1年 子ガエルの 黒く光る背 川にあり

    2年 ひらひらと 畑行き交う モンシロチョウ

    3年 赤白ぼう 見ゆ葉桜の 隙間越し

 

 その後は、田島先生が選ばれた特選句の表彰が行われ、3年の橋村さんと長田さんが表彰を受けました。

 次回の俳句集会は、6月6日に行われる予定です。

 

 

中島っ子をまもり育てる会が開かれました

 本日、小中学校PTA会長さんをはじめ、後援会長さん、主任児童委員さん、駐在所長さん等総勢23名の方々に集まっていただいて、「中島っ子をまもり育てる会」が開催されました。

 中島の小中学生を地域全体で健全に育てることを目的に始まった会ですが、どの方からも「挨拶が良くできている」というお褒めの言葉をいただきました。また、自転車の乗り方についても、時々後方確認をせずに曲がったりすることがあるようですが、全体的にはルールを守って使用できているというご意見でした。

 地域の中でいろいろな人に見守られながら生活していると言うことを、改めて実感しました。これからも、小中学生に温かいご支援をお願いします。また、何か心配事がありましたら、何なりと学校へご相談ください。

小中合同の集合学習開催

 今年度初めての小中合同での「集合学習」が行われました。これは、小中児童生徒相互の交流を深めることや9年間の一貫性のある教育の在り方を模索していくことをねらいとして行われています。

 本日は、小中学校それぞれが学校紹介を行い、様々なゲーム等を通じて仲良く楽しく交流を深めました。また、小学校・中学校それぞれの先生が授業参観を行い、児童生徒の様子を見させていただきました。

 この学習は、年間5回行われます。次回は7月4日の予定です。その後は、運動会や文化祭などの学校行事での交流となります。

 小学生の堂々とした立派な学校紹介や迫力ある校歌の合唱、生き生きとしたゲームでの交流等に、中学校の生徒も先生も大変感心しました。

 中学生も小学生に負けないように頑張りましょう。

令和初日です

令和元年5月1日

 令和初日です。あいにく曇っていますが、山々の木々の緑が眩しく、春真っ盛りを感じさせます。

 この令和の時代が、中島中学校にとって益々良い時代になるよう、生徒・教職員が一丸となってがんばります。