第3回俳句集会

 本日6校時、第3回俳句集会を行いました。今回は、今年初めてとなる「俳句甲子園」でした。各学年が2つのブロックに分かれ、チーム代表の俳句を読みあげた後、それに対する質疑応答を1年生は3分、2・3年生は4分で行いました。

 今回は、講師の田島先生の他、校長先生、山内先生、中田先生、岡田先生の4名の先生方に判定に加わっていただきました。

 今年度初めての俳句甲子園でしたが、どのチームも時間いっぱい鑑賞戦を繰り広げていました。

 各ブロックの代表句をご紹介します。

1年生 うずしお

二メートル絶壁登る蝸牛

1年生 たちばな

歩くたび道路ゆれたり梅雨の朝

2年生 うずしお

紫陽花や色を集めて水彩画

2年生 たちばな

朝寝坊島覆いたる夏の霧

3年生 うずしお

入梅や回覧板のにじむ文字

3年生 たちばな

バスの窓拭いて手を振る梅雨の入り