2019年3月の記事一覧

離任式

 今日、離任式を行いました。7名の先生方が、中島中学校から転勤となりました。学校での離任式後に、フェリーで離島される先生方をお見送りしました。
 新しい勤務地でのご活躍を、生徒・保護者の皆さん・地域の方々・教職員みんなでお祈りいたします。

 

修業式

 平成30年度の修業式を行いました。学年代表の生徒による発表では、一年間の反省に加えて新年度の決意も表明しました。

 午後からは、それぞれの地域に出向いて、奉仕活動を行いました。

 明日からは春休みです。事故などのない、楽しく充実した春休みにしていきましょう。

子規俳句に学ぶ③

 本日4校時、1年生の国語の授業では、短冊に書いた俳句の発表をしました。

 同じ場所で同じものを見たはずなのに、仕上がった俳句が全く異なることに面白さを感じてくれているようでした。中にはまだ満足がいく俳句ができていないという生徒もいましたが、春休み中の課題としてぜひ取り組んでもらいたいです。

 来年も俳句に親しみ、豊かな感性を磨いていってほしいものです。1年生のみなさん、5つの「みる」(見る…全体を眺める・視る…じっと見つめる・観る…観察して判断する・試る…俳句を詠んでみる・診る…俳句を推敲する)を覚えておいてくださいね。

スクールカウンセラー最終日

 今年度のスクールカウンセラー最終日でした。本校は、全校生徒36名なので、全員が一度は酒井スクールカウンセラーさんと面談をすることができました。心と体が急激に変化する中学生にとって、悩みを気軽に打ち明けられるSCの存在は貴重でした。一年間ありがとうございました。

子規俳句に学ぶ②

 本日1校時、1年生の国語の授業では、昨日に引き続いて俳句についての授業をしました。

 吟行会で詠んだ俳句を自分なりに推敲したあと、グループでさらに推敲を重ねました。歳時記をひいたり、今までの俳句集会で学んだことを振り返りながらそれぞれがよい俳句にしようと頑張っていました。

 仕上がった俳句は短冊に書き、明日の発表に備えました。生徒たちは筆ペンを使って書くのに苦戦していた様子でしたが、すてきな短冊ができました。

子規俳句に学ぶ①

 3/18(月)の6校時、1年生の国語の授業では、吟行をしました。

 毎年松山市教育委員会から発行されている『子規と考える言葉・人・ふるさと』と、今年度の俳句集会のまとめ冊子である『香わしきたちばなの花』を使って写生について学んだ後、学校周辺に俳句を詠みに行きました。

 生徒たちは春の訪れをたくさん発見しながらも、普段の俳句集会で田島先生に教えていただいている「見たものを見たままに表現する」ことの難しさを実感したようでした。

第72回卒業式

 本日、第72回卒業式が行われました。 厳粛な雰囲気の中、卒業証書が校長先生から卒業生に手渡されました。

その後、11人の【顔晴るイレブン】は、保護者・後輩・教職員・地域の方々の見守る中、「旅立ちの言葉と記念合唱」でも見ている人の心を打ちました。

------------------------

卒業生のみなさんへ

 人生で一番不幸なことは、自分が幸せだと知らないことです。

 どうか、どうか、幸せでいてください。

 嵐のような雨と風で先が見えない、今の世の中。

 そんな場所に、あなたたちを送り出します。

 ついて行きたい気持ちは、胸に抑えつけて、ここで見送ります。

 巣立ってゆく君たちへ

 いってらっしゃい。

準備は整いました

 明日はいよいよ卒業式です。本日3・4校時は全校生徒が集まって卒業式練習をしました。卒業式が、3年生にとって思い出に残る素晴らしい式になることを願っています。

 また、卒業式練習のあとは今年度最後の表彰伝達式を行いました。

3ヶ年皆勤賞・土砂災害防止に関する作文コンクール愛媛県知事賞

えひめっこピカイチ大賞・第57回愛媛県学生書道展入選

第46回えひめこども美術展入選・第17回瀬戸内海俳句大会優秀賞、入選、第21回全日本中学生・高校生管打楽器ソロコンテスト愛媛県大会銀賞・裏千家茶道奨励証

入賞されたみなさん、おめでとうございます。

 

なかよし給食

 今日、全校での「なかよし給食」が行われました。普段は学年ごとに給食を食べているのですが、今日はちょっと違う雰囲気で。

校長先生や教頭先生、校務員さんにも一緒に食べてもらいました。他学年の生徒や先生と交流でき、楽しい時間を過ごすことができました。

 

3年生を送る会

 15日の中島中学校卒業式を目前に控え、1・2年生から3年生に向けて送る会が催されました。

「先輩たちに感謝の気持ちを伝えるとともに、楽しい思い出を作りたい。」そんな気持ちで出し物の準備などを進めてきました。

本番は、1・2年生や英語助手のペイさんの出し物に、3年生も楽しみながら参加してくれました。

中島からの恩返しプロジェクト 活動結果報告

 3年生「顔晴るイレブン」が、2月13日から道後温泉本館保存修理工事への寄附に向けた募金活動を行ってきました。昨年10月に、中島の魅力発信や活性化を目的としたイベント「スマイリング」を3年生で実施した際に、経費や運営面で松山市にサポートをしていただた恩返しになればと考え、「中島からの恩返しプロジェクト」として実施していた活動です。

活動の結果、目標金額の10万円を大きく上回る【29万5844円】の募金をいただきました。予想を超える多くのご賛同をいただき、子どもたちは改めて中島のみなさんの温かさを感じるとともに、行動を起こす大切さを学ばせていただきました。

集まった寄附金は、3月11日に顔晴るイレブンが遠足で三津浜港から歩いて道後温泉まで行き、道後温泉事務所の方に直接手渡してきました。事務所の方から、道後温泉本館保存修理プロジェクト「オフィシャルサポーター」として認定していただき、子どもたちも形に残る恩返しができたことに達成感を感じていた様子でした。

 改めまして、ご賛同・ご協力していただいた皆様、本当にありがとうございました。

 


以下、H31年3月中トップページに掲載していました文章を転記します。


 

【中島からの恩返しプロジェクト 活動結果報告】

 昨年10月に中島中学校3年生が中島の魅力発信や活性化を目的としたイベント「スマイリング」を開催したところ、たくさんの方々の参加やご協力により成功させることができました。

 また、松山市から「市民活動推進補助金」10万円を活動資金としていただいたことで、充実したものにすることができたと考えています。そのため、かねてから「松山市に、中島の活性化をサポートしてもらった恩返しができないか」と考えていたところ、道後温泉本館保存修理工事の寄附を募っていることを知りました。そこで、「松山市の大切な文化財である道後温泉本館を未来に残すために、少しでも力になることが恩返しになるのではないか」と考え、『中島からの恩返しプロジェクト』と題して、この寄附活動に参加することにしました。イベントの補助金として10万円いただいたことから、10万円を寄附したいと考えましたが、中島中学校3年生だけでは難しい金額だったため、1・2年生や中島の地域の皆様にもご協力をいただきながら、活動を進めました。

 活動の結果、目標金額の10万円を大きく上回る

【29万5844円】の募金をいただきました。

予想を超える多くのご賛同をいただき、子どもたちは改めて中島のみなさんの温かさを感じるとともに、行動を起こす大切さを学ばせていただきました。

集まった寄附金は、3月11日に顔晴るイレブンが遠足で三津浜港から歩いて道後温泉まで行き、道後温泉事務所の方に直接手渡してきました。事務所の方から、道後温泉本館保存修理プロジェクト「オフィシャルサポーター」として認定していただき、子どもたちも形に残る恩返しができたことに達成感を感じていた様子でした。

 改めまして、ご賛同・ご協力していただいた皆様、本当にありがとうございました。

3年生 旅立ち遠足

昨日、3年生は旅立ち遠足に行ってきました。

三津浜港から松山城、そして道後温泉までの約11kmの道のりを11人全員が無事踏破しました。声を掛け合いながらたくましく歩く姿に、中学校3年間での成長を感じました。生徒たちにとって、また一つ良い思い出ができたようでした。

卒業までの残り2日間、顔晴れやかな時間を過ごしてほしいと思います。

3年生旅立ち遠足出発

 本日、3年生が7:45便で元気に遠足に行きました。高浜から道後までの長い道のりですが、この学年の3年間で初めて晴天の行事。覇気ある中中生は完歩してくれるでしょう。

 

第17回瀬戸内海俳句大会

 本日、中島総合文化センターにて、「第17回瀬戸内海俳句大会」の表彰式が行われました。
本校からも応募した生徒のうち、3名の生徒4作品が入選句に選ばれ、表彰を受けました。

 審査員には、いつも俳句のご指導に来てくださっている田島明志先生、元NHKアナウンサーの八木健先生、人気テレビ番組でおなじみの夏井いつき先生がいらっしゃいました。

 入選句の中には、県内のみならず東京都や福岡県からの入選作品もありました。県外から入選されたみなさんは、この大会で中島に来島されるのを楽しみにされているようでした。

最後に、入選した作品をご紹介します。

優秀賞 中学生・高校生の部

 島のバス一人を乗せて秋夕焼

田島明志賞 入選

 はね上がるみかんを摘んだ枝の先

 春の海かきわけ進む新造船

 夕凪や漁船一艘帰港する

3年間に感謝

 3年生が、3年間学んだ学舎を清掃してくれました。普段なかなか手の行き届かないところを中心に、時間と手間をかけてくれ、ぴかぴかになりました。

中島文化祭

 3月3日の日曜日、中島総合文化センターにて「第15回中島文化祭」が行われました。

 オープニングでは、12月のアンサンブルコンテストで金賞を受賞した吹奏楽部の木管8重奏を披露したり、3年生有志が昼食バザーのお手伝いをしたり、各種の学習作品も展示したりして地域の文化祭を盛り上げました。

 また、地域のコミックバンドやコーラスに一緒に参加する生徒や、3年生が募金活動をする姿も見られました。

  最後に行われる「お楽しみ抽選会」では、本校の生徒や保護者、中中関係者も当選し、楽しい一時を過ごすことができていました。

県知事賞(土砂災害防止に関する作文コンクール)

 本年度の「土砂災害防止に関する作文コンクール」で、本校の3年女子生徒が栄誉ある県知事賞を受賞することになり、本日表彰のために主催者が本校まで来ていただき、直接賞状を手渡してくれました。

 そして授与者から、「西日本豪雨で心を痛めた経験から、土砂災害防止に向けた思いが感性豊かに表現されているだけでなく、災害防止や復旧のために擁壁などを整備している方々への感謝の気持ちが表れている点が何より嬉しい。」との、お褒めの言葉をいただきました。

 作品は、県の砂防課のホームページから閲覧することができます。