青潮寮あおしおりょう(生徒寄宿舎)

昭和38年に、津和地中学校が中島中学校と実質統合し、その時から青潮寮(生徒寄宿舎)の歴史が始まりました。
青潮寮には、睦月地区、野忽那地区、怒和地区、津和地地区、二神地区の生徒が入寮し、寄宿舎生活を送っています。
かつては大規模な建物で、最大で134名(昭和48年)の寮生が在籍していましたが、
平成26年に寮は建て直され、現在では数名の生徒が寮生活を送っています。
寮生活については、「寮生の基本的な1日の生活の流れについて」をご覧ください。

令和元年度は1名の入寮生徒を迎え、全員が明るく寮生活を送っています。

 
青潮寮

  寮旗

 
木のぬくもりを感じる寮内

  読書用の本も充実

 
規律ある、楽しい寮生活

  卒業の日、旅立つ寮生を見送る


視聴覚思い出の中の青潮寮  

 ◎ 懐かしの写真のコーナーはこちら ⇒ (クリック)

 
 かつて、小浜にあった青潮寮
(昭和45年~平成25年)
  昭和30年代 自習時間

 
昭和30年代 帰島する寮生




  昭和50年代 卒業の日、卒業生の帰島
特船が大浦港を3周したとき、
万感の思いを込めて、男子生徒が
学生帽を空高く投げました。
新しい旅立ちの儀式でした。

 

  ※「青潮寮歌」斉唱は、こちらからお聞きになれます。(平成29年度寮生による斉唱)